民事再生という方法は任意整理と特定調停などと違い一部の負債

民事再生による解決は住宅ローン等もある多重債務に苦しんでいる利用者を対象とした住居を手放さずに経済面で再建するための法的な債務の整理の処理方法として平成12年11月にスタートした解決策です。

この法律には、破産申告みたいに免責不許可となる要素がなく、賭博などで借金をした場合でも民事再生手続きは問題ありませんし破産申告をすることで業務不可能になる可能性のあるポストで仕事をされている方でも制度の活用が検討可能です。

自己破産制度では住んでいるマンションを手放さないことは考えられませんし、特定調停と任意整理ではやはり元金は返済していかなければなりませんのでマンション等のローンを含めて返していくことは実際には難しいでしょう。

といっても、民事再生を採用できれば、住宅のためのローンのほかの借入は多くのものを減額することも可能ですので、余裕を持ちつつ住宅ローンなどを返済しつつそのほかのローンを払い続けるようにできるというわけです。

といっても、民事再生という方法は任意整理と特定調停などと違い一部の負債を除外扱いして手続きすることは許されていませんし破産申請のように元金それそのもの消えてしまうわけではありません。

それから、これとは別の解決策と比べてある程度めんどうで時間もかかりますのでマンション等のローンがありマイホームを維持していきたいような状況等を除き破産申請などそれ以外の方法がとれない時だけの解決策と見ておいた方がいいでしょう。

コンテンツメニュー

    Link