使うことのない限度額は百害あって一利なし・・・と言えます

通常、クレカの月ごとの限度額がご自身が通常使用する金額よりゆるく設定されていると顧客は余裕があると勘違いし考えずにを利用してしまったりするものですね。

そのようなクレカの使いすぎを避けるため決済可能な上限金額を安全のため低く設定しておこう・・・というお勧めが、これから申し上げる文章のメインとなる考え方です。

月の限度額を引き下げる方法△クレジットカードの月の利用限度額を引き下げることは、月の限度額を増やす手順とともに、本当に手軽です。

手元のカードのバックに記載されている電話番号に電話をし、「月ごとの限度額の引き下げをしたいんですが・・・」と希望を電話に出た人にはお願いするだけです。

おおむね現状の月ごとの限度額よりも少ない上限であればこれといった審査なしでそのまま限度額の変更が終わってしまいます。

月の利用限度額を増やさないなら自分を守ることとも結びつく◇カードの月ごとの限度額を減らしておくことは、自己抑制というメリットだけではなく被害に遭わないようにすることにもなります。

仮に、大事なクレカが紛失等により乱用された場合でもあらかじめクレジットカードの月の利用限度額を低めに設定しておくなら損害を可能な限り最小限にすることもできるからなのです。

覚えておいてほしいのはクレジットカードが偽造されたような状況でもクレカの保有者に重大な違反がない場合は盗難保険というしくみが利用者を助けてくれるから過度な心配は必要ないんですがもしものことを想定して不必要な限度額は少なくしておくのも良い方法だと思います。

使うことのない限度額は百害あって一利なし・・・と言えます。

コンテンツメニュー

    Link